Blog

【ブログ】これから親の家を相続するなら「家族信託」を利用しよう③

 

◎書類作成は専門家に依頼する

現状で大きなネックとなるのは、

信託契約の書類(信託契約書)の作成は、

信託業務に詳しい専門家(司法書士など)に頼る必要があることが挙げられます。

なぜなら、今のところ、あまり家族信託が普及していないため、

ひな型がないからです。

そして、その作成費用は、財産が5000万円以下で50万円程度かかります。

また、家族信託で信託された不動産について不動産会社によっては、

手続きに時間がかかることもネックといえます。

しかし今後、家族信託の知名度が上がれば、ひな型も多く出回ってくるでしょう。

不動産会社にとっても普通の案件になるはずです。

そうすれば、家族信託のハードルはかなり低くなることは間違いありません。