Blog

【ブログ】相続税がいくらかかるか知っておこう!

◎相続税はいくらかかる?

相続税は、相続により受けた遺産総額から、「基礎控除額」を差し引いた金額に、

遺産総額に応じた税率を乗じて算定されます。

また、相続税はかからなくても、

相続登記の費用(相続登記を行う不動産の固定資産税評価額×0.4 %)

はかかることを知っておきましょう。

 

◎大幅に節税できるメリットも

相続した土地が比較的小さな場合、

一定の要件を満たせば「小規模宅地等の特例」が適用できます。

たとえば、自宅の土地のうち330㎡までの部分の相続税評価額を80%減額して、

相続税を大幅に節税できるのが大きなメリットです。

ただし、残念ながら人が住んでいない家では「小規模宅地等の特例」は適用できず、

相続税評価額を減額できません。

まず相続税の納付が必要かどうか、

必要ならいくらくらいになるか計算してみてから、

賃貸にするなどの対応を考えましょう。

そのためには、親が生きているうちから対策を練っておくことが必要です。