Blog

【ブログ】財産評価の引き下げ

◎現金や預金は不動産に換えておく

相続税は、取得した課税遺産の価格に応じて課税されますが、

この価格は、課税遺産のそれぞれの評価額によって決まります。

そこで、課税遺産の評価をあらかじめ引き下げる工夫が重要となります。

たとえば、1億円の現金や預金を保有している場合、

その評価額はそのまま1億円ですが、

お金を家屋や宅地、アパート・マンションなどの不動産に換えておくと、

評価額はぐっと下がります。

 

◎事業用ならば節税の幅はさらに広がる

空き地は自用地として評価されますが、

アパートや賃貸マンションを建てることで貸家建付地として評価額を引き下げることができます。