Blog

【ブログ】相続税の税務調査

◎申告内容に疑問があれば税務署の調査官が来ることも

相続税の申告について申告額の誤り、

あるいは税を免れるための仮装や隠ぺいといった行為が疑われる場合は、

税務署の調査官が相続人の自宅等を訪問して調査を行うことがあります。

申告納税制度の下で、適正な申告・納付が求められます。

 

相続人が被相続人の了承のもと、

被相続人名義の定期預金を解約して現金化し、

自宅や知人宅に隠していた事例も摘発されています。

また、海外の相続財産に対する租税条約にもとづく情報交換制度の利用も増えています。