Blog

【ブログ】どんな遺産があるのか明らかにする

◎財産目録の一覧を作ろう

何の遺産がどのくらいあるのかを明らかにしなければ、

遺産分割も相続税の計算もできません。

相続発生からなるべく早い時期に財産目録を作成し、スムーズな相続を進めましょう。

 

財産目録には、

被相続人が所有していた土地や建物などの不動産の内容、

預貯金や株式などの金融資産の種類や金額、

自動車や骨とう品などの動産の内容について記載していきます。

財産目録には決まった形式 はありません。

◎納税通知書で不動産の調査ができる

預貯金の調査は、各金融機関で残高証明書を発行してもらうとよいでしょう。

漏れのないように1つずつ調べていくことが大 切です。

株式などの有価証券は、銘柄、株数、株の種類などを確認しましょう。

不動産の調査は、

固定資産税の納税通知書や権利書、登記識別情報などを参考にします。

納税通知書からは、だいたいの不動産の価格がわかります。

◎借金を正確に把握する

借金を調べるには、

契約書やクレジットカード明細、通帳などが参考になります。

郵便物で催促状が届いているかもしれません。