Blog

【ブログ】維持管理屋外

◎順番をつけて観察する

軒裏や雨どいは近くから確認します。

とくに軒裏は雨や湿気などで傷みやすいのですが、目につきにくいので注意しましょう。

外壁はひび割れやシミなどを確認。

面積が大きいため細かい変化を見逃しやすいので注意が必要です。

最後にコンクリートの基礎部分です。

築年数が古い建物は基礎にひびが生じたり、

シミのように変色してしまう場合があります。

また、床下に換気口がある場合は、

そこから小動物が出入りする可能性もあるので、

壊れていないかを確認しましょう。

 

◎庭木や雑草はシーズンごとに手入れを

一戸建ての場合は、家の周囲も手入れが必要です。

庭木が道路や隣家まで枝を張り出しているような場合、

見通しが悪くなるばかりか、落ち葉が近隣の迷惑になりがちです。

壁伝いにツタが繁殖してしまう可能性もあるので、

こまめにチェックし、シーズンごとに簡単に手入れをしておくと安心です。