Blog

【ブログ】売却時の費用

◎売却したお金にかかる税金の計算方法

不動産の

譲渡所得

は、次の計算方法で求めます。

譲渡所得 = 譲渡収入(取得費 + 譲渡費用)

 

「譲渡収入」とは売却して得た収入のことで、基本的には売却価格を指します。

また、「取得費」とは、その不動産を購入したときの費用のこと(建物は減価償却費相当額を控除)。

「譲渡費用」とは、不動産を売却する際にかかった、不動産会社への仲介手数料や印紙代など、さまざまな経費のことです。

更地にするための建物の解体費も計上できます。

この計算で求めた額が課税譲渡所得金額で、売った年の1月1日現在で所有期間が5年を超える場合は

「長期譲渡所得」

5年以下の場合は

「短期譲渡所得」

となり、適用する税率が異なります。