Blog

【ブログ】売却の流れ

 

 

◎不動産売却までの期間

不動産会社に仲介を依頼する方法では、老朽化が進んでいるなど、特別売りにくい不動産でない限り、

2~6カ月程度をかければ、相場に近い価格で売れる可能性があります。

なお不動産会社に仲介してもらう場合、必ず最初の売り出し価格で売れるとは限りません

買い手が値下げを希望するケースもあり、最終的な売却価格は買主と相談のうえで決まるので交渉次第です。

一方で、築古で売りにくい物件や、急いで売却したい人向けの方法が「買取」です。

不動産会社が買い取ってくれるので、1カ月もあれば現金化できますが、相場の2~3割引で取引されるケースが多くなります。

 

◎売買契約から引き渡しまでの期間は?

買主が見つかったら、不動産会社を通じて「購入申込書」が届くので、

価格などの取引条件を調整して売買契約の段取りを進めます。

契約内容がまとまったら、売主・買主双方の日程調整後、契約日を決定。

その際、取引内容や条件、物件の現況などの重要事項について、宅地建物取引士が買主に説明し、

納得してもらえば売買契約へ。

買主・売主の双方で合意できれば、売買契約書に署名・捺印します。