Blog

【ブログ】不動産会社との媒介

◎「一般媒介」のメリット

不動産を売却する際には、不動産会社と契約を結ぶことになりますが、どれがいいのか迷う人は多いでしょう。

そこで、

「一般媒介契約」

「専任媒介契約」

「専属専任媒介契約」

の3つの媒介契約について簡単に見てみましょう。

 

まず「一般媒介」のメリットは、「囲い込み」が起きにくいことです。

これは売主側からだけ手数料をもらう場合に比べて2倍の手数料をもらえるため、

他社からの問い合わせは断り、売主に対して販売価格を下げさせる手です。

その点、「一般媒介」を結べば、たとえ不動産会社が囲い込みをしても、

その間にライバル業者が買主を見つけてしまえば自社は手数料を取れないので、

囲い込みが起きにくくなるのです。

 

 

◎「専任媒介」「専属専任媒介」で注意すること

売りやすい物件であっても、不動産会社に販売戦略を立ててもらい、広告をきちんと打ってもらいたい人には、

「専任媒介」

が適しています。

信頼できる不動産会社と専任媒介を結べば、

売主の期待に応えようと積極的に販売活動をしてくれるでしょう。

なお、「専属専任媒介」と専任媒介との大きな違いは、

自分で探した相手との直接取引の際に、前者は違約金を取られることです。