Blog

【ブログ】早期売却した方が良い物件

◎売りにくい家は早く売れ!

使い道がない空き家なので売却したい、あるいはいずれ売却しようと考えているなら、

売るタイミングを逃さないことが大事です。

そこで、売りにくい空き家とはどんな特徴があるのか?具体的なポイントをまとめておきましょう。

まず一戸建て、マンションに共通して売りにくい点は、

旧耐震基準の建物です。

買い手は購入にあたって安全性を重視するようになっているので、よほど安くしても売れる可能性は低いといえます。

 

◎一戸建ての注意点

一戸建てで、早めに売ったほうがいいポイントとして挙げられるのは、

「違反建築」や「再建築不可」の建物です。

 

◎マンションの注意点

マンションの場合は、とくに管理状態に問題があると売りづらくなります。

たとえば、郊外にある総戸数100戸以上の大規模マンションは要注意です。

管理組合の理事は若年層から高齢層までバランスよく構成されるのが理想ですが、

大規模マンションでは築後20~30年も経つと高齢化が進み、管理組合の総意が取りにくくなりがちです。