Blog

【ブログ】前の家が売れないときは?住み替えローンとは?

◎前の家を売却しても、住宅ローンが完済できないときに利用可能

 

住宅ローン返済中の今の家を売却して、次の家の資金にする場合、

問題なのは売却でローンが完済できるかどうか。

ローンが完済できなければ抵当権抹消ができず、

今の家を売ることも、新たな住宅ローンの借り入れも難しくなります。

この場合に利用可能なのが住み替えローン。

前の家の住宅ローンの残債と、新居を取得するための費用、

買い替えにかかる諸費用まで借りられるものです。

借り入れで残債を一括返済し、抵権を抹消することで買い替えが可能になるのです。


~ポイント~

住宅ローンは借り入れた本人やその親族が暮らすための家が対象の融資。

そのため基本的には、1世帯1軒分の借り入れになる。