Blog

【ブログ】返済期間は何年にすれば安心して返済できる?

◎定年退職までに完済するのが鉄則。1年単位で設定できるのが一般的です。

 

住宅ローンは長くても定年退職時までに完済できるようにすることが大切です。

退職すると多くの人は収入が年金のみになり、現役の頃よりも使えるお金が減ってしまうからです。

そして、退職までに35年以上ある場合でも、

返済に無理がなければできるだけ短い返済期間にするのがおすすめです。

住宅ローンを早く返し終われば、老後のための貯金も余裕をもって貯められますし、

将来、家を売ることになってもローンの残債がないほうが売りやすくなります。