Blog

【ブログ】住宅ローンの返済期間は最長で何年?

◎最長35年返済が一般的ですが年齢によっては短くなります

 

一般的には80歳までに完済できる期間か、

35年返済のどちらか短いほうが最長返済期間になります。

その場合、40代後半以降に住宅ローンを借りる場合は、

35年返済よりも短い期間が最長になります。

例えば、50歳の人は30年が最長です。

ただし、一部の銀行ローンの他、フラット50など、

35年超の返済期間を設定できる住宅ローンもあります。

フラット50の場合は年齢の条件をクリアできれば50年返済まで選択することが可能になります。

同じ金額、同じ金利なら返済期間が長いほど毎回の返済額は少なくなりますから、

フラット50などは毎月返済額を抑えることが可能になります。

しかし、長い期間で返済すれば、その分利息も増えて総返済額が多くなります。

変動金利の場合は返済期間が長いほど金利上昇リスクも高くなりますし、銀行ローンの場合は保証料や、

フラット35やフラット50の場合は団体用生命保険の特約料が多くかかることを知っておきましょう。

 


~ポイント~

夫婦の収入を合算することができれば、借りられる金額が増える場合もある。

ただし、どちらかが仕事を辞めたり収入が減ったりした場合でも返済していけるかどうかを

慎重に考えて借りること。