Blog

【ブログ】家づくりにかかわる税金は何があるの?

◎登記には登録免許税が、契約関係には印紙税がかかります

 

土地を購入したり家を建てたりしたときには、

土地や建物の所有権を明らかにしておくために所有権の移転登記(売買)や保存登記(新築)をします。

そのときにかかるのが登録免許税です。

また、住宅ローンを利用すると抵当権(担保権)の設定登記も行いますから、

これにも登録免許税がかかります。

一定の要件を満たす建物については、

所有権保存登記、購入による移転登記、抵当権設定登記に軽減措置があります。